楽天通常ポイントと期間限定ポイントの使い分け

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しております

ポイ活

この記事では以下のことがわかります

・通常ポイントは楽天カードか楽天デビットカードに充当するのが最適解
・期間限定ポイント充当分もポイントがたまる楽天モバイル、楽天でんき・ガス
・期間限定ポイントを利用するために楽天ポイント利息で通常ポイントを退避
・楽天ポイント利息なら引き出しが即時反映

楽天ポイントの出口戦略

通常ポイントは楽天カード(楽天デビットカード)のポイント支払いで消費、期間限定ポイントは楽天ペイや楽天モバイル、楽天でんき・ガスで消費するとお得です。

通常ポイントは楽天カードへポイント充当が最強

楽天カードの利用代金に対して楽天ポイントを充当することができます(期間限定ポイントは利用できません)

ポイントを充当した分もポイントが付与されますので通常ポイントは毎月のカード払いに当てるのが最適解です

楽天デビットカードも同じ仕様となっているので、普段ファミペイに楽天デビットカードでチャージしている方なども是非活用しましょう

関連記事【最新版】ファミペイでJCBブランドのクレジットチャージが可能に!

ポイントを月々のお支払いに!ポイントで支払いサービス
ポイントの便利な使い道!ポイントで支払いサービスでは、楽天ポイントを1ポイント1円相当として、月々のお支払いにご利用いただけます。

楽天カードには既存会員による紹介制度があります。
以下のリンクからお申込みされると今なら最大6,000ポイントがもらえます

楽天 - ログイン
楽天 - ログイン

期間限定ポイントは楽天経済圏で利用

・楽天モバイルでポイント払い
・楽天でんき・ガスでポイント払い
・楽天ペイでポイント払い

上記3サービスでは、期間限定ポイント→通常ポイント→キャッシュの順で楽天ポイントを充当することができ、楽天モバイルと楽天でんき・ガスについてはポイントを充当した分もポイントが付与されます

楽天モバイルの利用代金に対して楽天ポイントは付与されますか? | お客様サポート | 楽天モバイル
月々のお支払い100円(税別)につき楽天ポイントが1ポイント貯まります。ポイントを利用した分も含めて、ご利用代金の1%分のポイントが翌々月の...

楽天モバイルには既存会員からの紹介制度があります
以下のURLから申込されると楽天ポイントが6,000ポイントもらえます

r10.to/hNs1V0

期間限定ポイントを使うために通常ポイントを退避させる方法

楽天ペイなどで期間限定ポイントだけを消費したい場合などに、通常ポイントを一時的に退避させるサービスを紹介します

楽天ポイント利息

楽天ポイント利息は、銀行に普通預金を預けてもらえる利息のポイント版だとイメージしていただいて大丈夫です

100ポイントから、1ポイント単位で追加ができます

引き出す際は1ポイントからいつでも引き出しが可能で即時に反映されます

【楽天PointClub】楽天ポイント利息|預けておくだけで、ポイントが増える!
楽天ポイント利息は、預けておくだけで、ポイントが増えるサービスです。いつでも追加、引き出しが可能で手数料もかからないので、まずは100ポイントから始めてみよう!

楽天ポイント利息でもらえる利息は金利年0.108%

月末までに預けたポイントに応じて毎月5日に利息がつきます
その利息で受取るポイントは、毎月末日23時59分59秒時点の利息中ポイントを元本として、月利0.009%(年利換算0.108%)の利息ポイントが翌月5日に利息口座に進呈されます

利息の進呈は1ポイント単位で端数は翌月繰り越しとなり、1ポイント以上となった時点で進呈されます

関連記事楽天銀行×楽天証券のマネーブリッジが改悪!300万円超の預金は別口座へ避難

楽天ポイント運用

「楽天ポイント運用」は、楽天ポイントを利用して運用の疑似体験ができるサービスです

100ポイント単位で追加することができます

引き出す際は営業日14時までの申請で翌営業日22:00以降に通常ポイントへ反映されます

ポイント数を指定すると預入の90%までしか引き出せないため不便です

【楽天PointClub】:ポイント運用| ほったらかしで増えるかも!?
ポイント運用は、楽天ポイントを使って手軽に運用が体験できるサービスです。100ポイントからサクッとはじめよう!
タイトルとURLをコピーしました